スポンサード リンク

賤ヶ岳の戦い

1583年にはこの政争で抑えた柴田勝家と戦います。激戦となるが、柴田方の佐久間盛政の暴走や、前田利家が勝家から秀吉へ寝返った事などがきっか けとなって、秀吉軍は勝利をおさめます。その後勝家の本拠の北ノ庄城を攻め、これを滅ぼしました(賤ヶ岳の戦い)。

福島政則、脇坂安治、加藤嘉明、加藤清正、平野長泰、片桐且元、その他。

これが「賤ヶ岳七本槍」です。秀吉は勝家に嫁いでいたお市の方の助命を考え ていたとも言われましたが、前夫浅井長政に続き、ふたたび夫の勝家を秀吉の軍勢に殺される羽目になったお市の方は、夫に殉じる形での死を選びました。

この戦いのあと勝家という後ろ盾を失った織田信孝や滝川一益などの反秀吉勢力も、やがて秀吉に降伏します。

信孝は 切腹、一益は臣下となりました。

石山本願寺の跡地に七層九重の天守閣をもつ大坂城を築きます。

豊後国の大名、大友宗麟は、この城のあまりの豪華さに驚き、「三国無双の城である」と称えました。

しかし城の一部に防御上の問題が有り、秀吉自身も そこを気にしていたと言われている(のちの大坂の役で真田信繁は、防御の弱さを指摘されていた箇所に真田丸と呼ばれる砦を築き大坂城の防御を大幅に強し、徳川勢を大いに苦しめた)。

天正12年(1584年)には朝廷より将軍任官を勧められたが断ったとする説があります。


menu
織 田信長と出会う
墨俣一 夜城
天下布武 
戦火  
小谷城
秀吉の失態
信長の死
賤ヶ 岳の戦い
「関 白就任」・「刀狩り」
妹 と母を家康に・・・
四国征伐 
九州征伐
鶴 松誕生・小田原征伐
太閤
唐 入り出陣命令
殺生関白
秀吉の死
link