スポンサード リンク

稲作り:弥生時代のくらし

 稲作りは中国から日本の北九州に伝わり、水田で稲を作るようになったと言われています。

その後、全国に伝わり、収穫された米を保存するようになりますが、この頃の米は収穫量もあまり多くないためとても貴重品だったのです。

 そして、稲作りに鍬や鋤が使われていましたが、現在もその形はほとんど変わっていないのです。

弥生時代のくらし: <衣服> <住居> <食生活> <稲作り> <入れ墨>


menu
邪馬台国とは…
「女王」卑弥呼とは…
魏とは…
卑弥呼のお墓は…
壱与とは…
弥生時代のくらし…
鏡・玉・銅鐸とは…
link