スポンサード リンク

衣服:弥生時代のくらし

弥生時代の人々は麻などの繊維を使った服を着ていたと言われていて、貫頭衣といわれる1枚の布の真ん中に穴が開き、その穴に頭を入れて腰のあたりを紐などで結んだ服を着ていたと考えられています。

 また、卑弥呼は絹の服を着ていたのではないかと言われています。

 そして、女性の髪はお下げやまげを結い、身分によってアクセサリーも身に着け、卑弥呼はヒスイなどの宝石でできたネックレスや貝などで作った腕輪をつけていたと言われています。

弥生時代のくらし: <衣服> <住居> <食生活> <稲作り> <入れ墨>


menu
邪馬台国とは…
「女王」卑弥呼とは…
魏とは…
卑弥呼のお墓は…
壱与とは…
弥生時代のくらし…
鏡・玉・銅鐸とは…
link