スポンサード リンク

武家諸法度とは?

1615年家康は伏見城で大名たちに武家諸法度を申し渡しました。その内容は、文武を身につける事、謀反人や殺害を犯した者をかくまっ てはいけない、幕府の許可なく勝手に婚姻を決めてはいけない、城の新築は禁止、改築する場合必ず届け出る事など全部で13ケ条ありました。

そしてこの法度に違反すると領地を減らされたり家を取りつぶされたりしました。

大名の種類には、親藩大名(御三家)、譜代大名(家康が岡崎城主の時からの大名)、外様大名(関ヶ原の戦いから徳川に従った大名)、こ の大名たちが幕府の仕組みを壊す事のないように武家諸法度をつくったのです。

そして大名だけでなく天皇や公家たちには「禁中並公家諸法度」をつくって仕事は学問をする事、行動や服装の事まで細かく決められていま した。

他にも神社や寺院に「寺院法度」、僧たちに「諸宗寺院法度」を作り法度によって勝手な事が出来ないようにしたのです。

家 康、神になる

menu
誕 生から人質生活へ
同 盟から長篠の戦いへ
小 牧・長久手の戦いから江戸へ
関ヶ 原の戦いとは…
征夷 大将軍になる朱 印船貿易とは?
キ リスト教禁止
大 坂冬の陣・夏の陣
武家諸法 度とは?
家 康、神になる…
link
豊臣秀吉