スポンサード リンク

どこがすごいのか?

 聖徳太子は、かつて一万円札に描かれていて誰でもが、少なくとも名前だけは知っている人物。

推古天皇の摂政として、天皇中心の国家確立を目指しました。

 摂政となった聖徳太子は、仏教を深く研究して政治に生かしました。

また、小野妹子(おののいもこ)を隋(中国)に使わして国交を開いて、大陸の進んだ 文化を取り入れて日本の文化を高めた人物でした。

聖徳太子のことを調べると、極端に文献による資料が少なく太子について、様々な説があって、資料として 後世に残されていないのも原因でした。

また居住していたとされている斑鳩宮もすでになく、太子が建てたとされている法隆寺も、一度焼失してしまってた事が 物証が乏しいことも理由の一でした。

聖徳太子の様々な事柄や歴史、伝説をたどってみました。


menu
太子の誕生
摂政
随の誕生
法興寺
遣隋使の派遣
「冠位十二階」「十七条憲法」を制定
太子の死
太子と未来の国
聖徳太子伝暦
太子の墓
link