スポンサード リンク

紫式部と清少納言

 一条天皇の中宮であった定子には清少納言が女房として仕えていました。

二大女流文学者については、紫式部が「あはれ」、清少納言が「をかし」の文学だという批評が定説のようになりました。

「清少納言は実に得意顔をして偉そうにしていた人です。

あれほど利口ぶって漢字を書き散らしていますがその知識の程度も、よく見ればまだひどく足らない点が沢山あります。

このように人より格別に勝れようと思い、またそう振る舞いたがる人は、必ず後には見劣りし、将来は悪くなるばかりですから、いつも風流気取りが身についてしまった人は、まったく寂しくつまらないときでも、しみじみと感動しているように振る舞い、興あることも見逃さないようにしているうちに、 自然とよくない軽薄な態度になってしまうでしょう。

そういう軽薄になってしまった人の最後は、どうしてよいことがありましょう」このように紫式部が清少納言を意識したのには一条天皇を巡る中宮彰子と中宮定子の関係、 ひいては彼女たちの父親である藤原道長と藤原道隆兄弟の権力争いに起因するところが大きいのではないかと考えれました。


menu
紫式部の誕生
結婚と藤原道長との出会い
「紫式部日記」「源氏物語」
紫式部と清少納言
「源氏物語」
紫式部の余生・お墓
link