スポンサード リンク

菜食主義者?

賢治は1918年4月頃から菜食主義者になったと言われていますが、そばが大好物で農学校に勤めるようになってから“やぶ屋”というそば屋が出来てからは“やぶ屋”をブッシュと呼んで友人や同僚たちとよく通っていました。

そして、いつも天ぷらそばとサイダーという組み合わせで注文していました。

当時の給料が80円と言われていて、天ぷらそばが15銭でサイダーが23銭でした。

ここで注文する天ぷらそばは海老天の事で、他にも肉や魚も食べていたようなので本当の菜食主義者ではなかったようです。


menu
賢治と家族
石コ賢さん
優秀な学生時代
国柱会〜教師へ
羅須地人協会
菜食主義者?
賢治の趣味
賢治の作品
link