スポンサード リンク

どこがすごいのか?

詩人・童話作家であり科学者でもあった宮沢賢治。

『風の又三郎』や『注文の多い料理店』、『銀河鉄道の夜』などはみなさんも一度は読んだことがあるのではないでしょうか。

これらはいずれも70年以上もの昔の作品で、(2008年現在)それが今なお読み継がれているのです。

一見して普通に思われるかもしれませんが、実はこれは尋常なことではありません。

なぜならこれは、今一年間に新刊書が7万点以上出版されているのにもかかわらず、それらの本に埋没せずにいるということなのですから。

長い間わたしたちの記憶とともに生き続けてきたというわけです。

ここではその詩人であり作家たる宮沢賢治の一生を追っていこうと思います。

免責事項

いろんな文献を参考に勝手に書いているだけですので、事実と異なる部分があるかもしれませんのであらかじめご了承ください。


menu
賢治と家族
石コ賢さん
優秀な学生時代
国柱会〜教師へ
羅須地人協会
菜食主義者?
賢治の趣味
賢治の作品
link